ラグビーワールドカップからみる資産運用や投資のヒント!

高度なシナリオ描く

 ラグビーのワールドカップが空前の盛り上がりを見せている。実は私もラグビー経験者であり、ラグビーから学んだことが今の人生にどれだけ生きているかと感謝している。


 言うまでもなく、日本代表の大躍進が今のラグビーの盛り上がりをけん引していることは間違いないが、なぜ日本代表(日本ラグビーの伝統に合わせて以下ジャパンと呼ぶ)がここまで強くなったのか?実はそこにも資産運用や投資のヒントが潜んでいる。


 少しだけ専門的な話をすると、ジャパンは対戦相手ごとに少しずつ戦い方を変えてきており、それがまた絶妙にはまっている。相手の得意なプレーを封じて弱点を突く。当たり前のように聞こえるかもしれないが、感覚だけでできることではないし、それを世界のトップ相手に成し遂げるのは生半可なことではない。


 それができているのはジャパンのコーチがいかに戦略家として優秀かと言うことの現れでもあるが、一方で、コ ーチをサポートする立場として高度な専門能力を持った分析スタッフが大きく貢献していることはあまり知られていない。


 ジャパンの分析家はチームの選手の状態から、成長の見込みまで細かく分析して強化や戦略立案に役立てるとともに、対戦相手のチームや選手のことも分析を重ねて可能な限りの将来予測を行う。自らを知り、相手を知ることで、かくも高度なシナリオを描くことができ、またそれを自信を持って遂行にすることができる。


 資産運用に当てはめて考えてみてほしい。自分が保有する資産のこと、そして自分や家族の人生のことをしっかりと分析、把握し、マーケットなどの外部環境や投資先の商品などについても細部に至るまで分析する。


 そうすることで初めてリスクを抑え、勝率を高める戦いができる。さらに、ジャパンがフォワードも強化し、バックスも強化し、キック戦術も身に付け、ランニングラグビーも磨き、複数のポジションをこなせる選手を重用してきたように、一つの戦術や戦い方=投資方法や投資先に偏ることなく、分析に基づいた的確な分散投資を行うことで、想定外の状況に対応する能力も身に付けることができるのである。


 ジャパンの躍進の陰に専門家による高度な分析あり。資産運用においても分析が物を言う。想定外の状況に対応できないのは分析や準備が足りなかった証拠である。ワールドカップも残り数試合。そういう目線で見るとまた違う楽しみ方もあるかもしれない。


#亀島淳一 #幸せ相続計画 #資産運用 #投資

親子三代幸せサポート®  幸せ相続計画® は株式会社シナジープラスの登録商標です。

〒901-2424 沖縄県中頭郡中城村字南上原1007 3・4階(受付3階) 
TEL:098−963−9266(本社・代表番号) FAX:098−963−9267

Copyright © 2019シナジープラスグループAll Rights Reserved.