未来を変える?!仮想通貨・リブラの大きな可能性

リブラ 大きな可能性

 仮想通貨の未来について考えてみる。仮想通貨というとビットコインを思い浮かべる人が多いだろう。読者の皆さんの中にもビットコインに投資をした方もいることと思う。タイミングによって損をした人も利益を出した人もいるだろう。


 仮想通貨の発行には上限がある。仮想通貨を欲しい人が多ければ価格は上昇し、多く売りに出されれば価格は下がるという単純な仕組みだが、流通量に上限があるが故に売買で価格が大きく動くことになる。


 大量に仮想通貨を所有している人が価格を上げたり下げたり操作しているともいわれているが、その点では投資というよりは投機に近いとも言えるだろう。価格が操作されている可能性がある限りは、投資先としては常に高いリスクをはらんでおり、その点が仮想通貨のデメリットにもなっている。


 一方で、仮想通貨には大きなメリットもある。一つは、プロックチェーンシステムを利用してできた仮想通貨は盗むことが不可能に近いといわれていること。そして、もうひとつは送金時に為替手数料などの費用がほとんど掛からないことだ。


 これらのメリットを利用して、フェイスブック(以下、FB)が世界の金融を大きく変えようとしている。仮想通貨のイメージや価値観がこれまでとは一変するのでぜひ知っておいていただきたい。


 FBは世界中に20億人ともいわれるユーザーを抱えているが、そのFBが仮想通貨技術を利用し、新たな通貨をこの世に生み出そうとしている。


 仮想通貨、リブラだ。国債などとも連動させて大きな価格変動のリスクもないといわれている。FBが提供するのは「写真を送るのと同じくらい簡単にお金を送ることができる」未来だ。 米ドルに代わって世界基軸通貨となる可能性を秘めている。


 これまで投資対象としての印象が強かった仮想通貨だが、基軸通貨としての存在感がこれから増していくだろう。批判的な意見や動きもあるが、テ クノロジーの発展を考えると大きな流れとしては止めようがないであろう。


 実際に、仮想通貨技術で価格を何かにひも付けて流通させる取り組みはあちこちで始まっている。仮想通貨による不動産取引や、使えるものが決まっている仮想通貨、地域でしか買い物ができないような仮想通貨など、新たな仮想通貨の流通は私たちの生活の目の前まで来ているのである。


#亀島淳一

最新記事

すべて表示

築古アパートでも入居者の確保は可能!?

入居者の確保は可能 築古アパートの対策セミナーが盛況だ。筆者が代表を務める企業グループでも日頃から相続や資産に関するセミナーを開催しているが、最近、築古アパートや貸地についてのセミナーがとりわけ人気が高く、不安を抱えていらっしゃる家主・地主さんがいかに多いかがわかる。 2018年4月5日の当コラムでも賃貸市場について書いている。いわゆるアパートバブルに対して警鐘を鳴らしたものだ。 19年が終わろう

技術の進歩!好機と捉え一歩先へ

好機と捉え 一歩先へ テクノロジーの進化がこれまでのビジネスを大きく変える時代。それをリスクと見るかチャンスと見るかで将来が大きく変わる。 最近何かと話題のキャッシュレス化。私もラインペイやペイペイなどを使っているが、使えば使うほどその便利さにはまっていく。銀行やATMで現金を引き出す機会も減ってきた。 テクノロジーがお客さまと商品・サービスとの距離をなくしていく時代だ。お客さまと商品・サービスと

親子三代幸せサポート®  幸せ相続計画® は株式会社シナジープラスの登録商標です。

〒901-2424 沖縄県中頭郡中城村字南上原1007 3・4階(受付3階) 
TEL:098−963−9266(本社・代表番号) FAX:098−963−9267

Copyright © 2019シナジープラスグループAll Rights Reserved.