相続でもめない分け方の最大のポイントとは!

「親が決める」が大事

 昨日はウークイ。読者の皆さんはどのような旧盆を過ごされただろうか。代々のご先祖様が築き上げ、受け継いできたこの平和で豊かな時代。皆さんとともに改めて感謝の気持ちをご先祖様にささげたい。


 さて、前回は相続でもめて財産を失うようなことがないように、財産の棚卸しをして整理すべき財産を見つけ出すこと、それを優良な財産(=守る財産)に組み替え、さらに増やしていくことで次世代の不安を解消することなどをお伝えした。今回は、家族が集まるお盆だからこそぜひ皆さんで考えてみていただきたい、家族がもめない財産の分け方についてお伝えする。


 もめない分け方の最大のポイント、それは、財産を渡す側であるお父さんまたはお母さんが分け方を決めるべきだということだ。


 相続の際に子どもたちが分け方を話し合うとなるとなかなか折り合いがつかずにもめてしまい、結果として財産を減らしてしまうことが往々にしてある。皆さんは当たり前のように思うかもしれないが、実際にはこのパターンでもめている家庭がいかに多いことか。もめてしまった人たちに聞いても、まさかうちがもめるとは思いもしなかった、と言う人ばかりである。


 クリスマスのプレゼントをイメージしてほしい。テーブルの上に大きな箱と小さな箱を置いて、子どもたちに好きなプレゼントを取りなさいと言う。ほとんどの子どもは中身も分からないのに大きな箱を取ろうとして兄弟げんかになってしまう。


 けんかをさせないためには、それぞれのプレゼントに子どもたちの名前を書いておけば、いきなり取り合いでもめることはないだろう。


 単純なことではあるが、相続でも同じことが起きているのである。兄弟げんかをさせないためにはプレゼントに名前を書いておく、すなわち財産を引き継ぎなさいと公正証書遺言書などにきちんと書いておけば、相続の際に取り合いが起こりにくくなる。


 とはいえ、子どもたちにとって納得のいく分け方や理由を用意しておくことももちろん必要だ。そのためにも負の財産を減らして優良財産(守る財産)を増やすことや、財産の分け方が難しい時には家族信託という手法を使って均等な分け方を組み立てるといったことも考えていく必要がある。


 ウークイの昨日。ご先祖様に感謝しつつ、財産を減らさずに子や孫の代まで経済的に繁栄できるような、幸せ相続計画を考えてみてはどうだろうか?


#亀島淳一

最新記事

すべて表示

築古アパートでも入居者の確保は可能!?

入居者の確保は可能 築古アパートの対策セミナーが盛況だ。筆者が代表を務める企業グループでも日頃から相続や資産に関するセミナーを開催しているが、最近、築古アパートや貸地についてのセミナーがとりわけ人気が高く、不安を抱えていらっしゃる家主・地主さんがいかに多いかがわかる。 2018年4月5日の当コラムでも賃貸市場について書いている。いわゆるアパートバブルに対して警鐘を鳴らしたものだ。 19年が終わろう

技術の進歩!好機と捉え一歩先へ

好機と捉え 一歩先へ テクノロジーの進化がこれまでのビジネスを大きく変える時代。それをリスクと見るかチャンスと見るかで将来が大きく変わる。 最近何かと話題のキャッシュレス化。私もラインペイやペイペイなどを使っているが、使えば使うほどその便利さにはまっていく。銀行やATMで現金を引き出す機会も減ってきた。 テクノロジーがお客さまと商品・サービスとの距離をなくしていく時代だ。お客さまと商品・サービスと

親子三代幸せサポート®  幸せ相続計画® は株式会社シナジープラスの登録商標です。

〒901-2424 沖縄県中頭郡中城村字南上原1007 3・4階(受付3階) 
TEL:098−963−9266(本社・代表番号) FAX:098−963−9267

Copyright © 2019シナジープラスグループAll Rights Reserved.